English 入会のご案内・お申し込み
JASA会員 ログイン CAIS・QISEIA ログイン
監査人資格の取得手順

公認情報セキュリティ監査人

監査経験確認試験について

【趣旨、概要】

当試験は、受験者の方の情報セキュリティ監査の「実践に必要な知識」を備えていることを問うものです。情報セキュリティ監査に関する一定のテーマに沿って、これまでの経験を踏まえたご自身の見識を論述していただきます。
当試験に合格することが「公認情報セキュリティ監査人」「 公認情報セキュリティ主任監査人」の資格申請条件となっております。

【受験のための条件】

以下の「1〜3」すべてが要求されます。

  1. トレーニング修了試験に合格している。
  2. 過去3年以内に最低4回延べ20日間の監査メンバーとしての監査実施経験(うち2回以上は情報セキュリティ監査制度に基づく助言型監査又は保証型監査)がある。
  3. 情報技術分野で少なくとも4年以上の業務経験があること。その内、情報セキュリティ関連分野で少なくとも2年以上の業務経験があること。

下記に定める有効な資格の保有者は、上記㈫の「情報セキュリティ分野で少なくとも2年以上の業務経験」があるものとみなす。

  • 公認情報セキュリティマネジャー(CISM)
  • 公認情報システム監査人(CISA)
  • 公認情報システムセキュリティ専門家(CISSP)
  • 情報セキュリティアドミニストレータ
  • テクニカルエンジニア(情報セキュリティ)
  • 情報セキュリティスペシャリスト
  • システム監査技術者
  • GIAC(Global Information Assurance Certification)
  • ISMS審査員
  • 公認内部監査人(CIA)

※受験回数、受験期間の制限はありません。

【試験時間】

120分間

【問題の形式、字数】

2問出題され、以下のとおり論述式の試験内容となっております。

設問出題形式文字数備考
問1論述式400文字以内で回答情報セキュリティ監査の各プロセスにおいて、いずれかのプロセスの実施内容につき説明していただきます。
なお、当問の合格については、答案が以下の条件を満たすことが求められます。
  • その監査プロセスにおいて重要な事項(キーワード)を含んでいること
  • 記述の論旨が一貫していること。
  • 題意に沿った記述になっていること(記述を求められているプロセスについて記述していることが必要です)
問21200文字
以内で回答
  • 2つのテーマからひとつを選択し回答頂きます。
  • 監査人としてどのような監査を行うべきか、情報セキュリティ監査はどうあるべきかなどについて、経験を踏まえたご自身の考えを記述いただきます。

出題例と模範解答ダウンロード(PDF)

※以上の事項については予告なしに変更することがあります。

監査経験確認試験の申込

監査経験確認試験のお申込みをご希望の方は、試験実施スケジュールをご確認のうえ「監査経験確認試験 申告・申込書」をダウンロード、必要事項をご入力のいただき、JASA研修事務局までメールにて、ご申告・お申込みください。

試験料のお振込み期限は、試験日の前日までとなっておりますのでお申込は試験日の7〜10日前くらいを目安にお願い致します。
尚、それ以降にお申込をされる場合は、JASA研修事務局(seminar-edu@jasa.jp)までお問い合わせをお願い致します。

お申込メール : JASA研修事務局(お申込書の添付をお忘れなく)

※添付ファイルにはパスワードをかけていただき、添付をしていただいたメールとは別に、
パスワードをお知らせください。