English 入会のご案内・お申し込み
JASA会員 ログイン CAIS・QISEIA ログイン
高度情報セキュリティ資格特例制度

高度情報セキュリティ資格の登録者は、下記の要件を満たすことにより、研修・トレーニングを修了したものとみなされ※1、資格申請手続きを行うことで、「情報セキュリティ監査人補」の資格取得ができます。

  1. 協会認定研修コースのテキストの購入
  2. 協会認定RISSトレーニングコース※2の修了

※1 資格認定規定 附則第3条
※2 研修・トレーニングコース認定基準 附則第1条

(順不同)

資格名称認定団体名
公認情報セキュリティマネジャー(CISM) ISACA(情報システムコントロール協会)
公認情報システム監査人(CISA)
公認情報システムセキュリティ専門家(CISSP) 国際情報システムセキュリティ認証コンソーシアム (ISC)2
情報処理安全確保支援士 独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)
GIAC(Global Information Assurance Certification) SANS Institute
ISMS審査員 財団法人日本規格協会 マネジメントシステム審査員評価登録センター(JRCA)
ISMS審査員 インターナショナル・レジスター・オブ・ サーティフィケイテッド・オーディターズ・ジャパン(IRCAジャパン)
公認システム監査人(CSA) 特定非営利活動法人日本システム監査人協会(SAAJ)

優遇措置の内容

1日のトレーニングで資格取得ができます
  • 受講期間が一般(5日間)の5分の1に短縮されます。

(注)2日間の研修受講の代わりに教科書をトレーニング受講前に購読していただきます。

筆記試験が免除になります
  • 一般は試験に合格する必要がありますが、RISSトレーニングは修了試験が免除されます。

(注)遅刻した場合や受講態度に問題があるなどの場合には、修了とみなさないことがあります。

情報セキュリティ監査人補について
  • 情報セキュリティ監査制度(経済産業省)に則り情報セキュリティ監査を行う専門家です。
  • 情報セキュリティ監査人補は内部監査を行うことができます。
  • RISSトレーニング修了者は〔情報セキュリティ監査人補〕に資格申請できます。

    (注)申請の期間:修了証発行日から12ヶ月以内