2018年3月9日

第24回 関西情報セキュリティ合同セミナー

2018年3月9日(金)に第24回 関西情報セキュリティ合同セミナーを開催いたします。

参加ご希望の方は、ページ下の「参加申込」ボタンよりお申込みフォームへお進みください。

(満席になり次第お申し込みを締め切ります)

本特別セミナーは終了しました。ありがとうございました。
開 催 要 項
開催日時2018年3月9日(金)14:00〜17:25(13時45分受付開始)
会 場日本マイクロソフト株式会社 関西支店5F セミナールーム#2

〒553-0003 大阪府大阪市福島区福島 5-6-16 ラグザタワーノースオフィス

定 員80名
参加費無料(懇親会は4000円の予定)
プログラム
14:00〜14:05
開催のごあいさつ
NPO)日本セキュリティ監査協会 西日本支部長
ジーブレイン株式会社
太田 利次
14:05〜14:45
【講演1】 このままで工場をチョコ停やドカ停から守れますか?
国内製造業における生産現場の耐セキュリティ脅威の実態は、非常に危惧される状態にあります。実際の工場を見てきた経験から得られた工場の実態、課題、原因を解説し、最初に考えなければならない対策についてご説明します。
富士通株式会社
岡本 登 氏
14:45〜15:25
【講演2】 ISOG-Jの成果物の紹介(NSF 2018の内容)
日本セキュリティオペレーション事業者協議会(ISOG-J)では、『セキュリティ対応組織の教科書』を改版するとともに、『成熟度セルフチェックシート』を公開し、セキュリティ対応組織力向上のポイントをよりわかりやすく確認できるようにしました。また、サイバーセキュリティに関する情報共有が活発になる中、その情報活用の考え方を『サイバーセキュリティ情報共有の「5W1H」』として公開しています。本講演では、これらのドキュメントを紹介しながら、セキュリティ対応組織力向上にお役立ていただけるコツをお伝えいたします。
NTTセキュリティ・ジャパン株式会社
ISOG-J セキュリティオペレーション認知向上・普及啓発WG(WG4)リーダー
阿部 慎司 氏
株式会社インターネットイニシアティブ
ももい やすなり 氏
15:25〜15:35【休憩】
15:35〜16:45
ライトニングトーク大会
一人あたり5〜10分のプレゼンテーション
 ※素敵な商品をご用意しております! ぜひご参加ください。
16:45〜17:25
【講演3】 今、求められるセキュリティ人材とは
〜情報処理安全確保支援士制度のご紹介〜
情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)は、サイバーセキュリティ対策に必要となる人材の確保を目的として、2016年10月に創設されたサイバーセキュリティ分野初の国家資格です。2017年4月に第1期登録者が誕生し、約1年が経過しました。本講演では、サイバーセキュリティ対策の動向と、情報処理安全確保支援士制度の内容や実施状況、加えて、制度の今後についてをご紹介いたします。
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)
IT人材育成本部 HRDイニシアティブセンター
延藤 里奈 氏

◆懇親会は、18:00〜より開始します。

ポイントの付与について
  1. CAIS
    CAIS資格維持活動入力フォームにて、所定の時期に各自でポイントを申請してください。
  2. CISSP
    各認定保持者よりポイントを自己申請してください。