English 入会のご案内・お申し込み
JASA会員 ログイン CAIS・QISEIA ログイン
FAQ (よくある質問)
研修・試験について
いずれの資格も情報セキュリティ監査の知識と基本的な経験を修得するために、協会認定研修2日間コースや協会認定トレーニング3日間コースの修了等が必要となりますので、資格認定要件をご確認のうえ協会認定外部研修実施機関にお申込みください。また、資格区分により資格取得必要条件が異なりますので詳細はこちらをご参照ください。

※情報セキュリティ監査アソシエイトに限り、トレーニング3日間コース受講・修了試験合格は必要ありません。

一般的な情報技術分野に関する知識やスキル、あるいは情報セキュリティ監査制度の報告書を読んだことがある程度の知識は最低限必要です。
資格区分により費用が異なりますので詳細はこちらをご参照ください。
資格認定要件について
「情報技術分野の業務経験」とは、情報システムの企画設計・構築・運用、加えてアウトソーシングやコンサルテーションなどの経験を想定しています。
「情報技術分野の業務経験」に記載されたのいずれかの業務の中で情報セキュリティに関連した業務の経験となります。
監査人の場合は、「情報技術分野の業務経験」「情報セキュリティ関連分野の業務経験」が必須の資格認定要件となりますので経験が全く無い場合には、難しいとお考えください。その場合、まず監査アソシエイト、もしくは監査人補の資格を取得したうえで、今後情報セキュリティ関連業務の経験を積まれてから、監査人資格に挑戦されるのがよいかと思います。