更新申請

更新を希望する場合は、資格の有効期限(3/31もしくは9/30)までに手続きが必要です。
以降の手順に従って登録申請を行ってください。
なお、資格によって準備する書類、手順などが異なりますので、詳細は下記申請資格をクリックしてください。

Step1 資格維持ポイントの報告

資格維持プログラム運営基準に定めるポイントの達成を資格更新要件としております。

CAIS資格維持活動入力フォームに関しては、監査人資格の維持をご参照下さい。

※直近3年間に当協会委員会、プロジェクト活動(政府機関、ISOなどの委員活動含む)の委員等を務めたことがある場合、その務めた委員の名称等を事務局にメールにて報告ください。資格維持プログラム運営基準 附則第1条により、「資格維持ポイントの報告」を「委員の名称等の報告」で代替することが出来ます。

※救済措置制度について
合理的な理由により本基準第8条に定められる資格維持ポイントに達しなかった方は、救済措置制度のご利用をご検討ください。

資格認定委員会の判定にて救済措置が適用されます。救済措置申請書を研修事務局までご提出いただき資格認定委員会にて審査されます。
(詳細は資格維持プログラム運営基準第11条)

 

Step2 資格更新登録申請書の提出

(1)下記WORDファイル「公認情報セキュリティ監査人資格更新登録申請書」に必要事項をご入力ください。

公認情報セキュリティ監査人資格更新登録申請書

(2)印刷した「公認情報セキュリティ監査人資格更新登録申請書」に写真貼付の上、JASA研修事務局宛に配達記録が残る方法にてご提出ください。

〈郵送先〉
NPO日本セキュリティ監査協会 研修事務局
住所:〒104-0033 東京都中央区新川1-4-8 フォーラム島田Ⅱ 2F

Step3 資格申請手数料、資格登録手数料の振込

申請内容を確認後、請求書が発行されます。
請求書に従って、資格申請手数料、資格登録手数料をお振り込みください。

Step4 資格認定の決定

申請書類を受領した後、はじめて開催される「資格認定委員会」(月に1回程度、開催予定)において資格認定審議を行います。

Step5 登録証の発行・送付

認定後、協会発行の登録証を連絡先(郵送先)に送付します。

※資格認定委員会開催後1ヶ月程度を要します。