2015年度 第6回 月例セミナー

<サイバーセキュリティ技術の最前線
-サイバーセキュリティの脅威と対応->

2016年01月22日開催

講演概要

最近では日本に対するサイバー攻撃が激化し、大きな被害も報告されるようになって来ました。サイバー攻撃の技術については、攻撃側も進化し、それに対応して防御側も進歩しています。本講演では、ウィルス対策で世界をリードするトレンドマイクロにおいてサイバー攻撃レスポンスの最前線で対応されている佐藤様に、サイバーセキュリティ技術の最先端の状況をご紹介いただきます。

講師


トレンドマイクロ株式会社
スレットディフェンスSE本部
ソリューションSEグループ
サイバー攻撃レスポンスチーム1課
課長代理

佐藤 健 氏


セミナーレポート

第6回月例セミナーは、トレンドマイクロ株式会社 佐藤 健氏をお招きし、「サイバーセキュリティ技術の最前線-サイバーセキュリティの脅威と対応-」をテーマに、ご講演を頂きました。

今回のセミナーは、セキュリティ会社でインシデント対応の最前線で活躍されている佐藤 健氏の講演でした。佐藤氏は、実際のインシデントの対応事例などを交えながら、サイバーセキュリティに関する最前線の状況を講演されました。冒頭、「最近のサイバー攻撃では、被害者が長期間被災の事実に気づけないことが多い」という、衝撃的な内容が示され、聴衆の関心が一気に高まりました。組織内ネットワークに侵入され、システムが遠隔操作されても気づけないために、情報窃取に至った企業が多数報道されています。「何故気づけないか」についての解説を踏まえて、どのように対策すべきかを分かりやすくお話いただきました。

当日の参加人数は77名です。講演終了後のQ&Aにおいては、実務的な観点からの具体的な質問が多数出され、熱心な討議が行われました。

講演資料

講演資料は下記からダウンロードできます。(JASA会員/CAIS・QISEIA資格者のみ。ログインが必要です)

ダウンロードページへ