English 入会のご案内・お申し込み
JASA会員 ログイン CAIS・QISEIA ログイン
定例研究会
2019年度 第4回 定例研究会

2020年2月5日

最新のセキュリティ脅威、及びセキュリティ対策の最新動向

国立研究開発法人 情報通信研究機構(NICT)主管研究員
横浜国立大学 客員教授
内閣官房 NISC参与
中尾 康二 氏
講演概要

近年、IoT、5G、自動車などの新しいインフラ環境におけるサービスが生まれてきている。このような環境において、見えている最新の脅威を共有し、その対策として、ダークネットやハニーポット等のPassiveな防御から、より攻撃者の特定などのActiveな防御に向けた取り組みなどを紹介し、今後のOffensiveなセキュリティ確保に向けた展望を議論する。

※後日、事務局より受講票をお送りします。当日、受付に受講票をご提出下さい。

※受講票のご提出がない方は、入場できません。

※資料の配布方法につきましては、別途ご案内いたします。

(満席になり次第お申し込みを締め切ります)

本セミナーは終了しました。ありがとうございました。
開 催 要 項
開催日時
2020年2月5日(水)

18:30〜20:00(開場 18:20〜)

会 場
フォーラムミカサ エコ 7F ホール

東京都千代田区内神田1-18-12
内神田東誠ビル

主 催
特定非営利活動法人

日本セキュリティ監査協会(JASA)

参加対象者

公認情報セキュリティ監査人、民間企業や地方公共団体・公益法人のシステム、統括部門、情報セキュリティ推進者や担当者、内部監査人など

定 員
100名
参加費
無料
プログラム

18:30〜18:35 【開会】

特定非営利活動法人 日本セキュリティ監査協会

18:35〜19:45 【講演】

最新のセキュリティ脅威、及びセキュリティ対策の最新動向
国立研究開発法人 情報通信研究機構(NICT)主管研究員
横浜国立大学 客員教授
内閣官房 NISC参与
中尾 康二 氏

19:45〜19:55 【質疑応答】

19:55〜20:00 【連絡事項】

20:00 【閉会】